友が田んぼ難民を救う

4年使わせてもらっていた田んぼを返すことになり、田んぼ難民になっていたアペルイ。お米づくりは食べ物の自給以上に、尊い喜びがあることを知ってしまい、何が何でも暮らしに取り込んでいたい聖なる作業。

なかなか近くで見つからず、途方に暮れていた今年の冬。島の友人がつないでくれました。

アペルイから車で30分にある集落、椨川。行って帰って1時間もかかってしまうけど、兎にも角にも今年もお米作りができる喜びをかみしめながら、田植えスタート!  愛子岳がかっこよすぎっ!

ブライアン、サワちゃん。ありがとう。