裸のままの君でいいんだよ

 

子どもたちの最近のお気に入りの朝ご飯場所はここみたい

 

乾燥中のウッドデッキの資材は先端に座るとビヨ〜ンビヨ〜ン

ハザカケしてるお米からはなんとも言えない平和な香り

洗い物は少ないほうがいいと丼茶碗に好きなものをチャンプル

暑いのになぜか服を着てる大人たちの常識はまだ理解できてないようです

 

左の子は来年から小学生。これから大人になるまでに周りと少し違うだけで、何万回と先生に叱られ、同級生に笑われ、親からでさえも感情的に怒鳴られ、「こうあるべきだ」という常識を植えつけられてしまうのだろう。我が子の場合、初級編は「服をちゃんと着て、給食は椅子に座って食べなさい」から始まるのかな。笑

 

そんな日本で「裸のままの君でいいんだよ」と言い合える存在でありたいなあ